event

世界のベンチャー・キャピタルの潮流〜NY・Boston編〜

日時:2018年1月31日(水)19:00~21:00(開場18:30)
会場:Plug and Play Shibuya Powered by 東急不動産(東京都渋谷区道玄坂1丁目10-8渋谷道玄坂東急ビル)
主催:X-HUB TOKYO(運営:デロイトトーマツ ベンチャーサポート)
定員:150名
対象:起業家、ベンチャーキャピタル、メディア

世界有数のスタートアップエコシステムである米国東海岸。その第一線で活躍するベンチャーキャピタリストを招き、現地マーケットの最新トレンドや資金調達のポイントを解説する。また、何社かのスタートアップにはベンチャー・キャピタリストへのピッチ、公開メンタリングのチャンスもあります。

このイベントは終了しました

詳細

シリコンバレーに次ぐ、世界でも最大規模のスタートアップエコシステムが存在する、ニューヨーク・ボストンより、現地の第一線で活躍する incTANK Ventures Managing Partner・Karl Ruping氏、Work-Bench Vipin Chamakkalaの2名のベンチャー・キャピタリストを招へい。米国東海岸のエコシステムの現状、資金調達の潮流など現地の生の情報を提供、解説します。

また、別途ご応募いただいたスタートアップ企業には、海外ベンチャー・キャピタルへのピッチ、公開メンタリングの機会を提供します(応募多数の場合選考あり)。海外展開を目指す起業家にとって、実際に現地で活躍する投資家からアドバイスを受けることができる非常に貴重な機会となりますので、ぜひご参加ください。

内容

X-HUB TOKYO概要説明、本イベントの趣旨説明
米国東海岸エコシステムの現況、資金調達のポイント(パネルディスカッション)
スタートアップ企業によるピッチ、公開メンタリング
ネットワーキング ※懇親会には飲食の提供は含まれません

※内容は変更となる可能性があります。

登壇者紹介


Karl Ruping氏

コルビー大学、ハーバード大学、東京大学などを経てMITフェロー修了。1999年、MIT在学時にincTANK Venturesを設立。並行して米医療機器メーカーであるAgaMatrixのボードメンバー等を歴任した後、現在はincTANK Venturesのマネージングパートナーとして、主にシード、アーリー期のスタートアップへの投資を中心に活躍する。


Vipin Chamakkala氏

Vipin氏は、エンタープライズ向けのインフラ、大規模データ分析、HR領域に投資することに重点を置いています。 Work-Benchに入社する前は、Bank of AmericaのCIOオフィスに在籍。そこで、年間何百ものベンチャー企業を調査し、急成長中のスタートアップ企業と協業していた。Forbes UNDER 30 VENTURE CAPITAL2018に選出されている。

ピッチ・メンタリングをご希望の方  ※応募締切とさせていただきました。

ベンチャー・キャピタリストへのピッチを希望されるスタートアップは、以下をメールに添付の上、 x-hub.tokyo@tohmatsu.co.jp までメールを送信ください。(期限:1月22日(月))
応募多数の場合、運営事務局にて選考の上ご連絡をさせていただきます。
・会社名、参加者氏名
・海外展開進出希望(希望有無、展開希望地域)
・ピッチ資料(英語、5分)

このイベントは終了しました

※初めて参加される方へ:イベントの応募には、こちらより会員登録を行って頂く必要がございます。
会員登録後、再度こちらからイベント応募申請を行って頂けます様宜しくお願い致します。