海外進出の推進とともに為替リスクは高まる恐れ

日本では、少子高齢化、GDPの低迷などによる内需の縮小化に鑑みた海外進出が進んでいます。大企業から中小企業まで、さまざまな形での海外進出がスタート。もっともコストがかかりリスクも大きい直接投資や海外拠点設置をはじめ、輸出やECサイトを活用した海外市場参入など、省コスト・低リスクの方法を用いた企業も増えています。

こうした海外進出の増加は世界市場という大きなブルーオーシャンを目指すもの、また、メイドインジャパンの高品質による日本製品の人気に乗じて販路を獲得しようとするものなどいろいろな思惑が関係しています。しかし、日本企業の世界への挑戦は、リスクなしには行えません。

さまざまなリスクは、ある程度は計画段階での綿密な情報収集やマーケティング戦略、現地とのコミュニケーションなどで回避可能です。しかし、為替リスクに関しては、完全に避けることはできず、また、海外進出すれば、ずっと付きまとう問題となります。当然ながら、外貨建て資産の保有割合が高いほど、為替エクスポージャーは増加します。外貨建て取引が多くなればなるほど、為替リスクも高くなる、ということです。

ですので、現地法人数が増えて海外生産比率が増加するほど、外貨建て資産や取引が増え、それに応じて予期しない為替変動の影響を受けやすくなるのです。

海外進出企業の為替リスクへの対策

海外進出では、企業は常に為替リスク管理に当たり、為替の影響を最小に抑えることを考える必要があります。為替リスク管理の考え方としては、計上される為替レートと決済レートの管理もありますが、想定レートの変動を回避するのも重要な目的です。また、外貨建て資産・負債の時価評価や外貨建て配当金などの管理もあります。こうした為替リスク管理のターゲットを明らかにしておくことも大切です。

為替リスクは、これまで日本企業が海外進出したノウハウの蓄積によって、各企業が回避方法の選択や実行を進めています。先物取引や通貨オプション取引などは、為替リスクの回避手段としてはメジャーなものです。

先物取引では、取引時点現在のレートを使って取引を確定できます。為替メリットを失う可能性もありますが、利益確定が早く、為替変動による不安定性を排除できる方法です。また、通貨オプションでは売買の権利のみを購入することで不利な状況での取引を避けることもできます。

輸出での為替リスクの対策


インボイス通貨の選択も、輸出を行っている企業などにとっては重要となります。主に日本ではアジアや先進国などへの輸出が盛んですが、輸出先ごとのインボイス通貨の選択は為替リスクに大きな影響を与えるものです。輸出先企業と自社の為替リスクの比重にも関係していますが、価格設定にも影響があります。

世界的にトップシェアを持つ製品などでは、為替リスク回避のために円建てで輸出を行うことも多いです。ただし、全体的には円建ての比率は減ってきており、ドル建てでの取引や輸出先通貨の選択などが多くなっています。特に先進国向けに輸出を行っているケースでは、輸出先通貨建ての取引が多く見られています。また、ヘッジコストが低ければ低いほどこの傾向は強くなります。企業内貿易でも輸出先通貨建ての取引が多いようです。

また、アジア向けの輸出では、厳しい資本規制によってドル建てを選択することが多くなっています。ただし、規制が自由化されているシンガポールや香港、韓国等の国向けの輸出に関しては、それぞれの輸出先の通貨建てで行っていることもあります。

本社と海外拠点の輸出入において通貨を統一させることも、為替リスクに有効な方法です。輸入も輸出も同じ通貨建てにすることによって、為替リスクを相殺できる手段です。外貨の債権と債務の相殺をする方法も同様です。海外で商品を販売する場合、製造から原材料や部品などを現地で調達するなどの対策も役立ちます。こうした方法は、為替エクスポージャーをなくし、為替リスクを抑える主な手法として輸出企業で使われています。

まとめ

海外進出においての為替リスクは切っても切れない問題です。そのため、常に為替リスクをどのように管理していくかの課題に取り組むことが大切です。輸出先の国や地域、取引先との関係、事業展開などに応じて適切な選択をしましょう。また、為替リスクの負担を減らす選択をするためには、世界で競争力を持つことも大切です。

著者情報

hawaiiwater

X-HUB TOKYO
Webマガジン編集部

企業の海外進出に関する
様々な情報を発信しています。