近年、多くの日本企業が海外進出を果たしており、これから海外を目指そうとしている企業も多いでしょう。海外進出を成功させるために必要なことの1つに、目標・目的の明確化があります。

漠然とした魅力やグローバル化への憧れなどもあるかも知れませんが、それ以外の論理的な目標・目的や、海外進出に求めていることは何でしょうか。目標・目的をはっきりさせ、フォーカスすることで海外進出はよりスムーズになります。

海外進出で目標・目標・目的を明らかにする必要性

海外進出は、たくさんの資金や人材を投入し、中長期的な計画で行われるビックビジネスです。そのため、目標・目的という軸がぶれることで計画や方向性がズレてしまい、失敗するケースもあります。

海外進出の準備段階においては、目標・目的に応じた情報収集やマーケティング戦略の策定、進出国やエリアの選定などがなされます。自社が何を求めているかによって、必要な情報も違いますし、ターゲットとする国やエリアも大きく変わるでしょう。

海外進出では、目標・目的がはっきりしていることで、撤退時の判断も早くなります。撤退を余儀なくされるケースの多くは、経営に問題を抱えているのに、判断が遅れてダラダラと現地でのビジネスを続けてしまうこと。そのうちにより大きな負債やダメージを負うことがあります。そのため、自社の求めていたものが手に入らないことが判明した段階で、速やかに撤退することも大切です。目標・目的が定まっていれば、その判断も容易になるでしょう。

海外進出で設定する主な目標・目的と注意点

海外進出する企業が目標・目的として挙げるものとしては、以下のようなものがあります。安易な目標・目的設定で失敗することもあるため、注意点も併せて考えていきましょう。

コストの低減

原材料や資材、人件費などのコストを抑えることを目標・目的とする企業は、以前からアジアを中心に多くなっています。安価な製造費にすることで、安価な輸入品や競合との競争力をつけようというものです。

こうした目標・目的を持って海外進出した企業の中には、賃金の上昇によって原価が上がり、思ったような成果が得られなくなった企業もあります。今後、コスト減を目標・目的に海外進出を検討する際には、新興国の賃金上昇も見越した計画が必要です。また、人件費の上昇に合わせて、人材教育も進んでいるため、人件費の削減だけでなく、海外の優秀な人材の確保も今後の海外進出の目標・目的として設定すると良いでしょう。

海外市場へ参入

海外進出を目指す企業の多くが期待するのが、大きな海外市場です。日本企業や日本製品は知名度も人気も高いため、参入に成功しやすそうに見えます。ただし、日本の売り方や製品にこだわり過ぎることで、受け入れられず、シェアを確保できないこともあります。

安易に参入するのではなく、現地の文化や嗜好、習慣などに合わせてローカライズする、マーケティング戦略を一から練り直すなどの対策も必要です。受け入れられるまでにトライ&エラーを繰り返すこともあるため、国内事業が不安定な状態で海外へ乗り込むこともリスクとなります。

また、世界市場とはいえどもすでにレッドオーシャンと化し、これからの参入は難しい分野もあります。世界がすでに注目している産業の場合には、世界を相手に熾烈な戦いを強いられることになるでしょう。世界を相手にするのか、現地のシェアを増やすのか、それによっても成否は分かれるものです。

取引先に合わせて

大口の取引先や親会社などの海外進出や移転に合わせて、海外進出を決めることもあります。この場合の目標・目的は取引先からの受注確保、拡大です。取引先からの受注は一つの目標・目的にはなりますが、頼り過ぎることで破綻する恐れもあります。取引先からの安定的、継続的な受注が見込めるか、つまずいた時には自社としてどんな対策を持つか、慎重な判断が必要です。

自社の経営戦略を理解した上で目標・目的を設定

海外事業を手掛けるきっかけは各社それぞれに違っており、自社の経営を見つめなおし、客観的に分析することで自社として海外進出の目標・目的を絞り込むことができます。海外市場や若い人材、安価な資材は魅力的ですが、だからといって何故海外なのか、課題や戦略から目標・目的を明らかにすることが必要です。

企業としてのビジョンや経営方針、戦略を整理し、課題を明らかにします。経営課題が明らかになったところで、海外進出によって課題が解決できるかを探ります。海外進出はあくまでも解決策の1つであり、それ以外の方法も検討することが理想的です。また、海外進出といっても、直接投資以外の方法もあります。

輸入やEC事業、ライセンス契約やフランチャイズ契約などは、直接投資よりもリスクが低く、資金も抑えられる方法です。特に初めての海外進出の場合には、リスクや資金を押さえた方法による進出で対応できないか、検討も大切です。

まとめ

海外進出では、経営の課題があり、その課題を解決するという目標・目的が必要です。目標・目的があいまいな海外進出は方針をもあいまいにし、撤退の判断を鈍らせます。海外進出を考えるなら、目標・目的を明らかにした上で必要な情報収集や進出方法の選定など、計画を練っていくことが必要です。

著者情報

hawaiiwater

X-HUB TOKYO
Webマガジン編集部

企業の海外進出に関する
様々な情報を発信しています。