海外進出した場合、日本国内だけで事業展開している時とは違った課税方法になります。税金の支払先や税務処理などは、進出方法によっても異なることがあり、注意が必要です。

海外を視野に入れたら、日本と進出先の税法、さらに両国の税金を調整する租税条約なども検討しなければいけません。海外進出で抑えておくべき税金の支払い方法や税務処理についてチェックしてみましょう。

海外進出先によって変わる税金

海外進出時の税金問題で注意したいのは、国ごとに税制や税率が違う点です。日本国内での税制と進出先の違いはもちろん、どこの国に進出するかによっても変わります。海外進出では、進出先の法律とともに、その国と結んだ租税条約を確認することが必要です。租税条約は、その国の法律に先んじて適用される条約で、二重課税を排除し脱税を防止する役割を持っています。

租税条約は日本と相手国の二国間条約で、それぞれの国の経済状況などによって内容が協議されます。そのため、国によって異なった内容となり、適用範囲もさまざまです。また、条約を締結していない国もあり、そういった場合には軽減措置などがなく税制面で不利になることもあります。

海外進出の方法によって変わる税金

海外進出と言えば、多くの人は海外に支店や支社を出し、本社と連携しながら事業を進める直接投資を思い浮かべる人も多いでしょう。しかし、輸出入なども海外進出の方法の1つだといえますし、直接投資だけが海外進出ではありません。そして、海外進出のやり方に応じて、税金の支払先やかかる税金の種類が変わります。

輸出の場合の税金

日本の企業が海外に支社や支店などを持たずに事業展開する方法としては、日本の商品を海外企業に輸出する方法があります。これは、海外進出の方法としてはリスクもコストも抑えられるものです。

税金に関しては、現地に支店や支社を置いていないため、基本的には利益に対して日本で法人税を納めるのみとなります。

支社を通して自社商品を販売した場合の税金

支社や支店を持っている場合、そこでの販売利益には現地の法人税がかかります。さらに日本は全世界の利益を対象に課税する「全世界課税」が基本なので、日本でも法人税がかかります。

これを二重課税といい、その回避方法が「外国税額控除」です。同じ利益に二重に税金がかかってしまうため、海外で課税された分を一部控除してもらえる制度となります。

子会社が自社商品を販売した場合の税金

子会社を設立すると、本社と子会社はそれぞれ別の法人となります。そのため、本社は日本に税金を支払い、子会社は設立された国に法人税を支払います。本社と子会社はグループですが、別会社として所得が分散でき、リスクも分散されます。

ただし、源泉徴収などの事務が煩雑になりやすく、赤字で撤退する場合にも経費計上ができません。

子会社が親会社から商品を仕入れて販売した場合の税金

子会社が日本の親会社から仕入れて商品を販売した場合には、税率の違いによる税金逃れの可能性があり、それを防ぐために「移転価格税制」が適用されます。また、日本では、軽課税国に子会社を設立した場合にタックスヘイブン対策税制が適用されることがあります。

海外進出に先立って駐在員事務所を設置した場合

海外進出を行う場合には、事前の調査や準備のために現地に駐在員を派遣することがあります。駐在員は海外事業がスタートするまで、現地のパートナー企業選びや交渉、現地調査などでたびたび現地を訪れます。このような駐在員事務所は、利益が出る施設ではないため基本的に税金はかかりません。

海外での課税と軽減のポイント

海外でも日本でも、基本的に税金がかかるポイントは「営業活動を行っていたかどうか」と、「収益があったかどうか」です。海外に常駐できる拠点があっても、営業活動をしていない場合には税金はかかりません。反対に、拠点を設けていなくても国内から従業員を派遣してサービスを提供した場合には、現地で課税対象になることがあります。

また、海外で支社や支店、子会社を作る場合、法人格の有無によって課税のされ方が違うため、自社の経営状況などによってどのように展開するか選ぶことが必要です。海外に支社や支店を置いた場合、これらは法人として独立していないため、日本の本社と支社・支店の所得を合算して課税されます。

一方、子会社の場合には独立して現地で課税されます。そのため、支店で損失がある場合には本社と合算することで税金を抑えることが可能です。このことから、利益が出にくい滑り出しには支社や支店として展開し、利益が出てから子会社にするといった変更の戦略も必要となります。

まとめ

海外進出を目指すにあたっては、各国の税制や租税条約の内容を検討して、取引に不利益が生じないか、慎重な判断が必要です。国ごとの条約の内容や税率などを知るとともに、進出の方法による税金の違いにも配慮して計画を進めていきましょう。

著者情報

hawaiiwater

X-HUB TOKYO
Webマガジン編集部

企業の海外進出に関する
様々な情報を発信しています。