「日本・台湾」企業の協業事例と具体的な進出ノウハウ | 【東京都主催】海外進出支援プラットフォーム「X-HUB TOKYO」

event

「日本・台湾」企業の協業事例と具体的な進出ノウハウ

日時:2020年2月20日(木)18:00〜21:00(開場:17:30)
場所:EBISU SHOW ROOM(恵比寿)1階大広間
来場定員:100名
参加費:無料

親日かつ地理的にも近い台湾は、GEDI「グローバル起業家精神指数」において、香港に次ぐアジア2位のイノベーションエコシステムを構築。
近年はスタートアップに関する規制緩和や海外からの人材誘致などを強化しています。

今回はそんな台湾の最前線で活躍するアクセラレーションプログラム運営団体であるGarage+に加え、選りすぐりの在台スタートアップ3社をお呼びして、台湾のイノベーションエコシステムや日台企業の協業可能性をご講演頂きます。
台湾のスタートアップシーンにご関心のある方のみならず、IoT・ハードウェア・アジア関連スタートアップに関心ある皆様、是非奮ってご参加ください!

※本イベントは、コロナウイルスの影響により登壇者が訪日出来なくなった場合、上記会場でのオンライン講演になる可能性が御座います。ご迷惑をおかけして申し訳御座いませんが、宜しくお願い致します。

会場詳細

EBISU SHOW ROOM(恵比寿)1階大広間 (東京都渋谷区恵比寿南3丁目1−24 シティスクエア恵比寿1F)
[アクセス]

申し込みはこちらから

内容

17:30-18:00 開場(受付)
18:00-18:05 冒頭挨拶(X-HUB事務局) 日本語
18:05-18:20 講演①:台湾のイノベーションエコシステム概観(Garage+) 英語+
通訳
18:20-18:35 講演②:日本の大企業との協業に関する台湾スタートアップのプレゼンテーション(Ideabus Technology社) 日本語
18:35-18:50 講演③:日本とのオンライン・オフライン協業に関する台湾スタートアップのプレゼンテーション(Maktar社) 英語+
通訳
18:50-19:05 講演④:日本発スタートアップの台湾におけるビジネスの実践(Uprithm社) 日本語
19:05-19:10 配置換え
19:10-19:40 パネルディスカッション:台湾と日本のイノベーションエコシステム協業の現在と未来 英語+
通訳
19:40-19:45 Garage+ Startup Global Program の紹介 英語+
通訳
19:45-20:15 質疑応答 英語+
通訳
20:15-21:00 ネットワーキング

登壇者

Epoch Foundation (Garage+): Josephine Chao
Ideabus Technology: Kalin Chen
Maktar: Mactaris Chen
Uprithm: Miki Uchida

登壇企業

Garage+:台湾有数の大企業20社が資金提供する非営利組織Epoch Foundationが運営。インキュベーション施設の提供等、様々な形でスタートアップの支援を行っている。
Ideabus Technologies:高齢者のために設計された世界初の認知訓練AIoTシステムを提供
Maktar:iPhoneを自動バックアップするメモリ等、世界的企業とコラボレーションしたIoTソリューションを提供
Uprithm:Garage+に採択された日本発スタートップ アジア企業がエンジニアを採用するためのライブストリーミングサービス等を提供

申し込みはこちらから