event

2020年度 X-HUB TOKYO キックオフイベント
With / After コロナにおけるスタートアップの海外進出戦略

日時:2020年8月28日(金)18:00~21:00

参加費:無料

会場:Zoom
※お申込みいただいた方に開催前日までにミーティングURLをご連絡いたします。

東京都主催X-HUB TOKYO事業は、都内スタートアップのグローバルな活躍を支援し、さらにはグローバルに活躍する海外スタートアップとの交流を通して都内経済の活性化を目的とした事業です。
当キックオフイベントでは事業の全体概要の紹介をはじめ米国・欧州・アジア各エリアのエコシステム情報、With/Afterコロナを踏まえたスタートアップがとるべき海外進出戦略についてセミナーを開催します。スタートアップの方だけでなく支援者、支援機関の方、是非ご参加お待ちしております。

対象

~スタートアップの海外展開に興味をお持ちの方であればどなたでもご参加可能です~
・海外展開を目指すスタートアップ
・海外展開を目指すスタートアップをサポートする大企業、VC、金融機関、大学、その他機関等々

参加・申込方法

下記URLよりお申込みください。

お申し込みはこちらから

その他留意事項

※申込に際しては、お申し込みは株式会社シャノンのサービスを利用しています。
ご記入いただく内容はSSL暗号化通信により内容の保護を図っております。
※お申し込みは1名様ずつ登録が必要となります。

内容

1 X-HUB TOKYO事業概要説明 X-HUB TOKYO事務局
2 基調講演『With / After コロナにおけるスタートアップの海外進出戦略とは?』

株式会社ユニコーンファーム
CEO 田所 雅之氏

3 パネルディスカッション『米国、欧州、アジア別スタートアップエコシスムの変化』

Scrum Ventures LLC
宮田 拓弥氏

株式会社EDGEof
小田嶋 Alex 太輔氏

リブライトパートナーズ株式会社
蛯原 健氏

4 先輩起業家講演『米国、欧州、アジアの海外展開の魅力』

ライフイズテック株式会社
水野 雄介氏

ドレミング株式会社
高崎 義一氏

株式会社バカン
河野 剛進氏

5 X-HUB TOKYOプログラム紹介 独立行政法人日本貿易機構
(JETRO)

※講演内容は変更となる場合がございます。予めご了承ください。

基調講演 「With / After コロナにおけるスタートアップの海外進出戦略」

田所 雅之 氏
株式会社ユニコーンファーム CEO
株式会社ベーシック CSO

日本で4社、シリコンバレーで1社の起業経験を持つ連続起業家。
ベストセラーとなった「起業の科学スタートアップサイエンス」、及び「御社の新規事業はなぜ失敗するのか?企業発イノベーションの科学」 の著者。2014年から2017年までシリコンバレーのVCのパートナーとしてグローバルの投資を行う。現在は、日本の最大級のウェブマーケティング会社の株式会社ベーシックのCSOを務めながら、スタートアップ経営や大企業のイノベーションを支援するUnicorn FarmのCEOを務める。
・内閣府タスクフォース(価値デザイン社会審議会)メンバー
・経産省主催 STS( シード期の研究開発型ベンチャーに対する事業化支援 の協議会メンバー
・経産省主催 TCP( ベンチャー支援プログラム)のメンター 審査員 等を歴任

パネルディスカッション 「米国、欧州、アジア別スタートアップエコシスムの変化」

宮田 拓弥氏
Scrum Ventures LLC
General Partner

サンフランシスコと東京を拠点に、日米のテックスタートアップへの投資を行うベンチャーキャピタルを経営。これまでに、Mobility、Fintech、IoT、VR、コマース、ヘルスケアなど80社を超えるスタートアップに投資を実行している。TechCrunchなど国内外のメディア、イベントでの寄稿、講演など多数。それ以前は、日本および米国でソフトウェア、モバイルなどのスタートアップを複数起業。2009年ミクシィのアライアンス担当役員に就任し、その後mixi America CEO を務める。早稲田大学大学院理工学研究科薄膜材料工学修了。

小田嶋 Alex 太輔氏
株式会社EDGEof
Founder兼Co-CEO

French Tech、 Nordic Innovation House、 German Startup Acceleratorといった各国のスタートアップ支援機関や大使館など、世界30カ国以上の組織と連携し、日本と海外のスタートアップエコシステム交流を主軸とした活動を広く展開。フランスやオーストリア、オランダ、ドイツ、イタリアなど、多くの欧州スタートアップ拠点とネットワークを持ち、各国のスタートアップ支援プログラムでメンターなども務める。

蛯原 健氏
リブライトパートナーズ株式会社
FOUNDING GENERAL PARTNER

アジア地域に特化した独立系ベンチャーキャピタルファームをシンガポール本社、インド・バンガロールおよび東京の3拠点体制で運営。2020年8月8日に新著「テクノロジー思考」をダイヤモンド社より上梓。
1994年横浜国立大学経済卒、ジャフコに入社。
2008年独立系ベンチャーキャピタル、リブライトパートナーズを創業。
2011年シンガポールに事業拠点を移し、アジア投資を開始。
日本証券アナリスト協会 認定アナリスト(CMA)
経産省『飛躍 Next Enterprise 2018』派遣企業選抜審査 有識者委員会委員
特許庁「知財アクセラレーションプログラム 2018、2019」有識者委員会委員
シンガポール国立大付属リークワンユー公共政策大学院 非常勤講師
NewsPicksアカデミア プロフェッサー
東京都アクセラレーションプログラム(ASAC)公式メンター、他多数。

先輩起業家講演 「米国、欧州、アジアの海外展開の魅力」

水野 雄介氏
ライフイズテック株式会社
代表取締役CEO

1982年、北海道生まれ。慶應義塾大学理工学部物理情報工学科卒、同大学院修了。大学院在学中に、開成高等学校の物理非常勤講師を2年間務める。大学院修了後、人材コンサルティング会社を経て、2010年7月 ライフイズテック株式会社を設立。シリコンバレーIT教育法をモチーフとした中高生向けプログラミング・IT教育キャンプ/スクール「Life is Tech ! 」を立ち上げる。現在、延べ4万人の中高生が参加。IT界のヒーローを送り出す「ITドラフト会議」や「Life is Tech ! STARS★」など、プロジェクトは多岐にわたる。14年、同社がコンピューターサイエンスやICT教育の普及に貢献している組織に与えられる “Google RISE Awards ” に東アジアで初受賞。

高崎 義一氏
ドレミング株式会社
代表取締役会長

板前を経て(30歳)モスバーガーFC店を兵庫県西宮市ではじめる。
順調に事業拡大中だった1995年(38歳)阪神淡路大震災で被災し、同年にキズナジャパン株式会社設立。
1999年日本初、ASP型人事、勤怠、給与システムの開発開始
2002年ソフト化大賞を受賞、ソニーや沖電気にOEM提供
2008年世界初、リアルタイム給与支給サービス開始
2015年ドレミング株式会社(福岡市)設立
2017年ドレミングホールディング(シンガポール)設立

河野 剛進氏
株式会社バカン
代表取締役CEO

東京工業大学大学院修了(MOT)。画像解析や金融工学のバックグラウンドを背景に、株式会社三菱総合研究所で市場リスク管理やアルゴリズミックトレーディング等の金融領域における研究員として勤めた後、グリー株式会社にて事業戦略・経営管理・新規事業立ち上げ、および米国での財務・会計に従事。
その後、AIベンチャー企業の経営企画室長やシンガポールでの合弁会社の立ち上げ等に従事した後に、株式会社バカンを2016年6月設立。社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。

お申し込みはこちらから