event

2020年度 X-HUB TOKYO
DX先進都市「深セン」の今とスタートアップが知るべき進出のヒント

日時:2020年9月4日(金)18:00~21:00

参加費:無料

会場:Zoom
※お申込みいただいた方に開催前日までにミーティングURLをご連絡いたします。

「ハードウェアのシリコンバレー」と呼ばれ、中国を代表するイノベーション都市として発展して久しい深セン。テンセント、ファーウェイ等が本社を構え、無人コンビニ、自動運転バス等、最先端技術を活用した社会実装が高速で実現されています。
また、今後も新型インフラの構築や未来都市の建設予定等、目覚ましい成長が予想されます。

本イベントでは、新型コロナウイルスの影響を受けてDX先進都市では何が起きているのか、深センの「今」とともに、スタートアップが知るべき進出のヒントをお伝えします。
また、海外進出に必要な事業戦略の描き方も併せてお伝えします。

スタートアップの方だけでなく支援者、支援機関の方、是非ご参加お待ちしております!

対象

~スタートアップの海外展開に興味をお持ちの方であればどなたでもご参加可能です~
・海外展開を目指すスタートアップ
・海外展開を目指すスタートアップをサポートする大企業、VC、金融機関、大学、その他機関等々

参加・申込方法

下記URLよりお申込みください。

募集は終了しました

その他留意事項

※申込に際しては、お申し込みは株式会社シャノンのサービスを利用しています。
ご記入いただく内容はSSL暗号化通信により内容の保護を図っております。
※お申し込みは1名様ずつ登録が必要となります。

内容

1 X-HUB TOKYO事業概要説明 X-HUB TOKYO事務局
2 深センのエコシステム紹介 深圳市駐日経済貿易代表事務所
副所長
冷岡 倍華氏
3 DX先進都市「深セン」の今とスタートアップが知るべき進出のヒント JENESIS株式会社
代表取締役社長
藤岡 淳一氏
4 海外を目指すスタートアップが知るべき事業戦略の描き方 Plug and Play Japan株式会社
投資部門代表
村瀬 功氏

※講演内容は変更となる場合がございます。予めご了承ください。

講演 「DX先進都市「深セン」の今とスタートアップが知るべき進出のヒント」

藤岡 淳一氏
JENESIS株式会社
代表取締役社長

2011年に深圳でJENESISを創業。現在は同社の深圳工場に身を置き、主に日本のIT企業やベンチャーからのIoTデバイスの開発及び製造受託を行う。中国法人創世訊聯科技(深圳)有限公司 董事總經理、JNSホールディングス(株)代表取締役副社長、ソースネクスト(株)技術顧問、(株)ピーバンドットコム戦略顧問、DXYZ(株)顧問、KDDI∞Laboハードウェアアドバイザーなどを兼務。その他、経済産業省スタートアップファクトリーやニコニコ技術部深圳コミュニティの運営にも参加し、スタートアップへの支援や指導も積極的に取り組む。著書に『「ハードウェアのシリコンバレー深圳」に学ぶ』、『プロトタイプシティ』。

講演 「深センのエコシステム紹介」

冷岡倍華氏
深圳市駐日経済貿易代表事務所
副所長

中国上海市出身、1987年に来日。1993-2007年、つくば市国際交流員、外国人相談員の職を経て、2008年1月より深圳市駐日経済貿易代表事務所に転じる。つくば市に在職中、深圳市との友好締結・友好交流関連の業務に携わる。

講演 「海外を目指すスタートアップが知るべき事業戦略の描き方」

村瀬 功氏
Plug and Play Japan株式会社
投資部門代表

1994年慶應義塾大学環境情報学部卒。
ソフトウェアエンジニアとしてソニー入社後、1998年にパソコンVAIOのプロダクトマネージャーとしてシリコンバレーに赴任。米国PlayStation Network、光ドライブ事業、UX開発におけるスタートアップとの協業などを経て、2013年に米国ソニーを退社。
グローバル・ブレインのシリコンバレーオフィス代表としてKDDI、三井不動産などのCVCファンドからのアメリカのスタートアップへの投資を担当。シードからレイトステージまで幅広く14社への投資をリードし、18社のポートフォリオをマネージ。
2017年独立しPacific Sky Partnersを創業。主にシリコンバレーでスタートアップと協業あるいは投資を模索する日本企業向けにコンサルティングを行うほか、現地スタートアップのアドバイザー、日本のスタートアップのアメリカ進出支援などに従事。

募集は終了しました