event

2020年度 X-HUB TOKYO
北米SUエコシステムの活用法
日本発SUが知っておくべき海外マーケットの攻め方

日時:2020年11月6日(金)13:00~16:00

参加費:無料

会場:Zoom
※お申込みいただいた方に開催前日までにミーティングURLをご連絡いたします。

スタートアップの聖地として先進的なエコシステムが構築されているシリコンバレー、世界有数の学術・研究機関が集積しバイオ・ライフサイエンス分野に強いボストン、金融、ファッション、メディアの最先端都市としてハイフンテック企業を生み出すニューヨーク等、北米ではエリア別に異なるエコシステムを構築されています。

本イベントの前半では、シリコンバレーを拠点としてご活躍されている伊佐山元氏からCOVID-19を踏まえた北米の最新トレンドと各エリアで求められているスタートアップ像に加え、日本発スタートアップが北米で戦うために必要なスキルセットやマインドセット等をお話しいただきます。

後半ではテラモーターズ(株)とテラドローン(株)の創業者であり、グローバルにビジネスを展開されている徳重徹氏からマーケットの選び方、実際に進出する際のコツ等、日本発スタートアップが知っておくべきマーケットの攻め方をお話しいただきます。

スタートアップの方だけでなく支援者、支援機関の方、是非ご参加お待ちしております。

講義内容

講演内容 スピーカー
1 X-HUB TOKYO事業概要説明 X-HUB TOKYO運営事務局
2 米国のエコシステム紹介 シリコンバレー・ジャパン・プラットフォーム
プレジデント
Jon Shalowitz氏
3 北米SUエコシステムの活用法 WiL
共同創業者兼 CEO
伊佐山 元氏
4 日本発SUが知っておくべき海外マーケットの攻め方 テラドローン(株)代表取締役社長 兼
テラモーターズ(株)代表取締役会長
徳重 徹氏

※講演内容は変更となる場合がございます。予めご了承ください。

講演 「米国のエコシステム紹介」

Jon Shalowitz氏 シリコンバレー・ジャパン・プラットフォーム プレジデント

Shalowitz はシリコンバレーで25 年以上のキャリアを持ち、シリアル アントレプレナーとして起業経験を有すると同時に、クラウドソフトウェア、セキュリティ、SaaS を取り扱う複数企業のCEO として経営管理の実績も持つ。
学生時代には慶應義塾大学で交換留学の経験を、またキャリアの初期には日本で5 年以上、東芝や経営コンサルティングで勤務していた。
Shalowitz のシリコンバレーでの豊富な経験とネットワーク、そして日米関係に対する情熱とコミットメントが、今後のSVJP に新たな価値をもたらすことを期待され、プレジデントに就任。

講演 「北米SUエコシステムの活用法」

伊佐山 元氏 WiL 共同創業者兼 CEO

日本興業銀行(現・みずほフィナンシャルグループ)に入行、スタンフォード大学ビジネススクールに留学後、米大手ベンチャーキャピタルのDCM本社パートナーとして、シリコンバレーで10年間にわたり、日米中のITベンチャーへの投資育成を手掛ける。2013年、日米を中心としたベンチャー企業の投資・事業支援を行うWiLを創業。日本にベンチャー精神を普及させるため、日経産業新聞、日経電子版、東洋経済オンライン等メディアへも多数寄稿している他、経済産業省や文部科学省をはじめ、多くの政府委員や有識者会議のメンバーとしてもベンチャー振興の提言を続けている。

講演 「日本発SUが知っておくべき海外マーケットの攻め方」

徳重 徹氏 テラドローン(株)代表取締役社長 兼 テラモーターズ(株)代表取締役会長

大学卒業後、大手保険会社にて経営企画に従事。米国でMBAを取得し、シリコンバレーでベンチャー企業のハンズオン支援・投資を行う。2010年4月に電動バイクの製造・販売を事業とするテラモーターズ(株)を設立し、2年で日本市場TOPシェアを獲得。その後、アジア各国へ展開し、現在はインド市場でトップシェアを誇る。
2016年には産業用ドローンサービスを提供するテラドローン(株)を設立。世界20ヵ国以上に拠点を展開しており、2019年には国際的なドローン市場調査会社から世界ランキング2位の評価を得る。全世界の市場にグローバルにサービスを展開する、日本発のメガベンチャー創出を目指す。著書に「世界へ挑め」などがある。

対象

~スタートアップの海外展開に興味をお持ちの方であればどなたでもご参加可能です~
・海外展開を目指すスタートアップ
・海外展開を目指すスタートアップをサポートする大企業、VC、金融機関、大学、その他機関等々

参加費

無料

会場

Zoom
※お申込みいただいた方に開催前日までにミーティングURLをご連絡いたします。

参加・申込方法

下記URLよりお申込みください。

お申し込みはこちらから

その他留意事項

※申込に際しては、お申し込みは株式会社シャノンのサービスを利用しています。
ご記入いただく内容はSSL暗号化通信により内容の保護を図っております。
※お申し込みは1名様ずつ登録が必要となります。