2021年度 X-HUB TOKYO#5 海外展開セミナー事例で学ぶ、日本企業とグローバルオープンイノベーション~インパクトを起こす事業創出~ | 【 東京都主催 】 東京と世界を繋ぐイノベーションプラットフォーム「X-HUB TOKYO」

event

2021年度 X-HUB TOKYO
#5 海外展開セミナー
事例で学ぶ、日本企業とグローバルオープンイノベーション
~インパクトを起こす事業創出~

日時:2022年1月21日(金)18:00~21:00

東京都主催X-HUB TOKYO事業では、都内のスタートアップに対して海外のマーケット攻略に必要な情報、大企業・VC等との人的ネットワーク、メンタリング、ピッチ等の機会を提供するとともに、海外スタートアップと都内企業・スタートアップ等との交流を実施し、これまでにはないニューノーマルの創出をサポートします。

#5海外展開セミナーでは、大企業を中心に、スタートアップとのグローバルオープンイノベーションの必要性と課題、そして将来、社会的インパクトを起こす事業創出とは何かについて、実際の連携事例を踏まえてご講演いただきます。

国内企業やスタートアップだけはなく支援機関も含めた多くの方のご参加をお待ちしております。

対象

~スタートアップの海外展開に興味をお持ちの方であればどなたでもご参加可能です~
・海外展開を目指すスタートアップ
・海外展開を目指すスタートアップをサポートする大企業、VC、金融機関、大学、その他機関等々

参加費

無料

会場

Zoom Webinar
※お申込みいただいた方に開催前日までにミーティングURLをご連絡いたします。

参加・申込方法

下記URLよりお申込みください。

お申込みはこちらから

その他留意事項

※申込に際しては、株式会社シャノンのサービスを利用しています。
※ご記入いただく内容はSSL暗号化通信により内容の保護を図っております。
※お申込みは1名様ずつ登録が必要となります。

内容

講演内容 スピーカー
1 X-HUB TOKYO事業概要説明 X-HUB TOKYO事務局
2 国内企業におけるグローバルオープンイノベーションの事例紹介 #1 上原 高志 氏
SOMPO Light Vortex株式会社
Executive Vice President
3 国内企業におけるグローバルオープンイノベーションの事例紹介 #2 渡辺 出 氏
株式会社NTTデータ
コーポレート統括本部 グローバル戦略室 デジタル戦略担当部長
4 国内企業におけるグローバルオープンイノベーションの事例紹介 #3 土井 三浩 氏
日産自動車株式会社
総合研究所 所長

※講演内容は変更となる場合がございます。予めご了承ください。

登壇者

国内企業におけるグローバルオープンイノベーションの事例紹介 #1

上原 高志 氏
SOMPO Light Vortex株式会社 Executive Vice President

1995年三和銀行(現三菱UFJ銀行)入行。産業調査でアナリスト(小売)を務めた後、企画部にて中期計画策定や取締役会運営を担当。その後、電子債権事業を立案、日本電子債権機構を設立し、日本初の事業化に成功。英国留学を経て、ロボティクス等のStartup支援に携わる一方、2016年、イノベーション・ラボ初代所長に就任。翌年、同ラボをスピンオフしJapan Digital Designを設立、代表取締役CEOとして2021年3月まで組織リード。2021年4月よりS O M P OホールディングスSOMPO Digital Labチーフエバンジェリスト、2021年7月よりSOMPO Light Vortex株式会社 Executive Vice Presidentとなり、新たな事業開発に挑戦中。

国内企業におけるグローバルオープンイノベーションの事例紹介 #2

渡辺 出 氏
株式会社NTTデータ コーポレート統括本部 グローバル戦略室 デジタル戦略担当部長

2004年NTTデータに入社、分散コンピューティング、メタデータ・コンテンツ配信、ロボティクスなど先進技術を活用した新規サービス開発に従事。2017年よりNTTデータのオープンイノベーション活動「豊洲の港から」に参画。NTTデータ、お客様企業、スタートアップ3者がWin-Win-Winとなる新規事業創発を目指した活動をリードしている。2019年からはオープンイノベーション活動に加えデジタル戦略検討・人材育成・組織開発などDX推進を含め活動の幅を拡大。これまでの経験を活かし、アジャイル開発やサービスデザインにも力をいれている。

国内企業におけるグローバルオープンイノベーションの事例紹介 #3

土井 三浩 氏
日産自動車株式会社 常務執行役員 総合研究所所長 アライアンスグローバルVP

1985年、日産自動車株式会社入社。車両研究所にて、クルマの乗り心地や快適性の研究者として、キャリアをスタート。1991年にペンシルバニア州立大学に留学後、技術企画部にて中長期の技術戦略を担当。2007年より、テクノロジーマーケティング室を立ち上げ、技術を分かりやすく発信することで「技術の日産」のイメージ確立に貢献。2010年からは、技術開発の経験をもとに、グローバル・プロジェクト、Vプラットフォームの商品企画をセグメント・チーフ・スペシャリストとして担当し、マーチ、ラティオ、ノートなどを世界170か国に送り出す。2012年、リサーチダイレクターとして、仏ルノー社に赴任。2014年に帰任後、アライアンスグローバルダイレクター、総合研究所所長、2020年には常務執行役員、アライアンスグローバルVPとしてルノー日産アライアンスの研究開発をリードする。

お申込みはこちらから