GLOBAL STARTUP ACCELERATOR Batch 2 ヘルスケア プログラム | 【東京都主催】海外進出支援プラットフォーム「X-HUB TOKYO」

program

連携パートナー:Boston Scientific Corporation
(ボストン・サイエンティフィック社)

GLOBAL STARTUP ACCELERATOR Batch 2 ヘルスケア プログラム

期間:10/23(水)~11/18(月)※応募期間
採択予定企業数:10社程度
重点領域:高齢者ケア、AI,AR/VR,病院・医療施設マネージメント、ポピュレーション・ヘルス・マネージメント、ペイン・マネージメント、ロボット技術、等
会場:運営事務局の指定する場所(東京都内)(※)
※プログラムコンテンツ毎に変更になる可能性があります
応募締切:11/18(月)

東京からグローバルで活躍する企業を輩出することを目的とする本件プログラムでは、都内ベンチャー企業等のグローバル展開の加速を後押しするため、世界中に販路を持つグローバル企業(海外大企業)のニーズを把握し、将来の提携を目指した準備の機会を提供いたします。
今回のBatch2では、東南アジア市場等への展開をターゲットに据え、アジア太平洋統括拠点をシンガポールに置く医療機器分野の世界的リーディングカンパニーの一つであるボストン・サイエンティフィック社とのマッチングを実施します。そのための準備として、関係機関と連携し、シンガポール及び東南アジアの市場概況やヘルスケア業界のニーズ等についての理解を深めるためのセッション、ピッチ資料や提案資料のブラッシュアップ等のマッチング準備、英語でのピッチや商談のトレーニングを実施します。

募集要領をダウンロードする

プログラムに応募する

重点分野・領域

  1. 高齢者ケア
    -地域居住(エイジング・イン・プレイス)、高齢者ケア、家族による介護を実現するためのデジタルテクノロジー(特に慢性心疾患に関するテクノロジー)、等
  2. AI
    -診断のためのAI技術(心電図、画像、等)等
  3. AR/VR
    -外科手術のワークフロー改善のためのAR技術等
  4. 病院・医療施設マネージメント
    -医療施設のワークフローやペイン・泌尿器・心臓ケアの効率性改善のためのデジタルテクノロジー、等
  5. ポピュレーション・ヘルス・マネージメント
    -遠隔診療、ケア・パスウェイ自動化、心疾患・ペインマネージメントのための高次分析技術、等
  6. ペイン・マネージメント
    -オピオイド中毒軽減のためのデジタルテクノロジー、等
  7. ロボット技術
    -心疾患及びその他の外科手術用のロボット技術、等

※上記領域に該当しない企業の応募を妨げるものではありません。

≪プログラム概要≫
■事前支援プログラム

タイトル 回数
(予定)
内容 協力企業
Kick off event 1 本件プログラムの支援機関を集め、当該コースに必要な情報・ノウハウを提供する。 ニューヨーク大学プロフェッショナル教育東京(NYU SPS東京)他
Mentoring session 5 ボストン・サイエンティフィック社のニーズを踏まえ、オンラインマッチングに向けて、基礎資料(ピッチ資料等)のブラッシュアップ、商談準備を行う。 運営事務局、シンガポール等の関連するアクセラレーター、VC等
Power Pitch Training Sessions(One-to-One Sessions) 3(※1) オンラインマッチングに向けて、英語でのコミュニケーション、ピッチ、商談の実践トレーニングを専門家が個別に実施する。 NYU SPS 東京

(※1)回数・時間については、講師と個別相談のうえ、調整することができます。

■マッチングプログラム(※2)

タイトル 回数 内容 連携パートナー
Online Matching 1 ・・ボストン・サイエンティフィック社とのオンラインでの面談を開催し、事業提携に向けたフィードバックを得る。
・面談には採択企業、ボストン・サイエンティフィック社に加え、運営事務局等が参加し、面談の円滑化を図る。
Boston Scientific Corporation(ボストン・サイエンティフィック社)他

(※2)都内でのマッチングセッション終了後、希望する受講生に対しては、テレビ会議等による連携パートナーとのフォローアップセッションの調整を予定しております。
(※3)プログラム内容は変更になる場合があります。

募集要領をダウンロードする

プログラムに応募する

※プログラムの応募には、こちらより会員登録を行って頂く必要がございます。
会員登録後、再度こちらからプログラム応募申請を行って頂けます様宜しくお願い致します。